診療のご案内

アレルギー性鼻炎

人間の体は、体の外からの異物が入ると、体を守るために、異物を排除しようとする働きがあります。
これを「免疫反応」といい、「アレルギー反応」は、この免疫反応が過剰に起こった状態です。(よってアレルギー性鼻炎も食物アレルギーも原理は同じです。)
アレルギー反応に原因となる物質「アレルゲン」といいます。このアレルゲンがアレルギー体質の人の鼻に入り、アレルギー反応が起こること、「アレルギー性鼻炎」が起きるのです。

原因

アレルギーの原因は、遺伝的な要素、周辺の環境が原因です。
昔はアレルギー性鼻炎などはあまりなかったのですが、今では国民の4割がアレルギー性鼻炎にかかっているとも言われる、国民病となりました。スギ花粉をはじめとする花粉症もアレルギー性鼻炎の1種でこちらの増加も顕著ですが、通年性と呼ばれるご自宅のハウスダスト(ホコリやダニの死骸)やペットの毛、カビなどでアレルギー性鼻炎を発症される方も増加しています。生活水準が上昇し、あらゆるところが清潔になりすぎた反動として、過剰に異物に体が反応するようになり、アレルギー性鼻炎になる方が増えているのかも知れません。

PAGETOP

治療

治療

鼻の粘膜を診断してわかる場合もありますが、簡易的な判定方法として、患者さんの鼻汁を採取し、好酸球検査と呼ばれるアレルギーのテストを用いて、アレルギーの有無を診断します。

その他適宜必要に応じて、またご希望の場合は、血液検査で何がアレルギーの原因なのかを検査いたします。

また、注意すべき事は、副鼻腔炎(ちくのう症)を併発していないか?ということです。疑いのある場合であればレントゲンを撮影して確認を行います。

アレルギーに関しては、根本的な治療をすることは現代の医学では難しく、院内での処置療法や、お薬を処方してアレルギー症状を抑える治療を行ってゆきます。