診療のご案内

めまい

「めまい」は、体の平衡感覚をつかさどる器官に障害が生じることによって起こります。

平衡感覚をつかさどる器官は、内耳から脳までつながっており、そのどこかに障害が生じるとめまいが起こります。
めまいの症状には、自分が回っているように感じたり、周囲の景色がぐるぐる回っているように感じる「回転性のめまい」と、体がふわふわ揺れ動いて足が地につかないような浮遊間を感じる「非回転性のめまい」の2種類が主なものです。
めまいには、耳に原因のある場合と、脳に原因がある場合とがあり、それぞれめまいの症状や随伴症状などに違いがあります。

原因

めまいは大きく分けると

(1)内耳性のめまい
(2)中枢性のめまい
(3)その他のめまい

の3種類があります。

(1)内耳性のめまい:
平衡感覚の入力経路である内耳(中耳のさらに奥)の障害によるもの
(2)中枢性のめまい:
からだのバランス情報を処理する小脳・脳幹に原因があって起こるめまい
(3)その他のめまい:
自律神経失調症や貧血による立ちくらみ、不規則な生活やストレスによるめまい、降圧薬など薬の副作用、老化現象によるバランスのくずれが原因のめまい、むちうちの後遺症、うつ病など心因性によるものなど

当院でみる限り、メニエール(これもストレス)病などの内耳性の病気や頭に障害がある場合などはあまり多くはありません。
自律神経系からくるめまい、つまり、ストレス、過労などが引き金になって引き起こすめまいが、最近では増えているような印象です。

PAGETOP

治療

めまいの原因にもよります。耳が原因であるめまいには、生活習慣改善の指導や、状況に応じて投薬を行ないながら治療を行なってゆきます。
患者様の症状によっては根気良く通院して頂くケースもありますが、特にめまいが慢性的に発生する方は、そのままにせず、一度検査を受けていただくことをお奨めします。
内耳以外の脳が原因となるようなめまいであった場合は、他科をご紹介いたしますので、そちらで治療を受けていただくことになります。