診療のご案内

中耳炎

「中耳炎」は、鼻の奥にいる細菌が耳と鼻をつなぐ管(耳管)を通って中耳に感染すると起こります。
子供は耳管が短く、傾斜もなだらかなため、細菌が中耳に到達しやすくなります。
そのために「中耳炎」は5~6歳までの子供に多いのです。

原因

急性中耳炎
  • 急性中耳炎
  • 鼓膜が赤く腫れています
    鼓膜が赤く腫れています
乳幼児の70~80%のお子さんが一度はかかります。カゼなどが原因で、鼓膜の奥に細菌やウイルスが入り、炎症がおきてウミがたまる病気で、一般の方が思われているような耳の外から水やばい菌が入って急性中耳炎になることはめったにありません。急激な耳の痛みや発熱、耳がつまった感じなどが主な症状です。
滲出性中耳炎
  • 黄色いウミがみえます
    黄色いウミがみえます
  • 鼓膜の奥に水が溜まっています
    鼓膜の奥に水が溜まっています
鼓膜の奥に液体(滲出液)がたまる中耳炎です。液体がたまると、鼓膜やその周辺の骨の動きが悪くなり、外からの音が鼓膜から伝わりにくくなり、そのために、聞こえが悪くなります。
急性中耳炎をしっかり治療しなかった場合に起こることが多く、他にもアレルギー性鼻炎やちくのう症の影響もあります。
滲出性中耳炎

急性中耳炎が悪化した上で放置したり、治療せずにいるとひどくなり、本来自然に閉じるはずの鼓膜に空いた穴が閉じなくなって、そこから耳だれが出ている状態です。難聴や耳鳴りが起こる場合もあります。

PAGETOP

治療

急性中耳炎

症状が軽い場合は、中耳炎の原因となっている鼻やのどの治療を行った上で、痛み止めを処方し、体の回復力で治癒するのを見守ります。
中程度の症状になると、上記に加えて抗生物質を投与する場合があります。熱が下がらない場合や鼓膜が腫れている場合は鼓膜にすこしだけ穴をあけ、膿(ウミ)を外に出して回復を促す場合があります。(鼓膜の切開は院内で行ないます。)
ただし、切開するとお子さんは恐怖心を抱く場合があるので、必要に応じて行うようにします。なるべく鼓膜に穴を開けなくても済むように、しっかりと治療を行ってゆきましょう。

滲出性中耳炎
鼓膜のチュービング
鼓膜のチュービング
軽いケースの場合は耳管と呼ばれる鼻と耳をつなぐ管に空気を通す「通気治療」を行いながら、お鼻の治療もあわせて行います。症状の状態を見ながら、漢方薬の処方を行う場合もあります。
症状が中程度より重い場合には、鼓膜に少し穴を開ける鼓膜切開を行い、鼓膜の内側(中耳)に溜まった液を排出させる場合があります。
また、症状が重い場合は状況に応じて、鼓膜にチューブを挿入し、換気を促す処置を行います。院内でもこの処置は可能ですが、小さなお子さんの場合には安全の為に総合病院に依頼するケースもあります。
慢性中耳炎

年齢や本人のご希望・ウミの状況を見ながら、院内で治療を続けるか病院を紹介するかを判断します。ただし、慢性中耳炎の治療には定期的に、かつ中長期間での通院が必要になります。また、状況に応じて手術が必要になる場合があります。